主婦目線の金銭感覚を失いがちなバイナリーオプション

私は専業主婦です。結婚した後、バイナリーオプションを始めました。もちろん主人も知っていますし、主人自身もサラリーマンとして働く傍ら、副業でバイナリーオプションをやっています。

子どもが小さいので自由な時間は少なく、外に働きに出ることができません。主人の給料でなんとかやっていけてはいるのですが、自分の収入が欲しかったのと、趣味である海外旅行に行きたいので、バイナリーオプションを始めました。

主婦なので食料品の買い物ではチラシをみて、1円でも安いところで買うような節約を心がけています。ところが、バイナリーオプションの世界ではまったく別人になっていまいます。1円の重みを知っている主婦が、バイナリーオプションの世界では1万円が1000円くらいに感じてしまうのです。

例えば、予想が外れて大きめの購入金額が5万円ほど一気に吹っ飛んだことがあるのですが、実際にお財布から5万円のお札が出て行く訳ではないので、お金を失ったという実感がわかないのです。

買い物では数千円単位のお札でも敏感になるというのに、本当に投資は人を変えてしまうのだな、と痛感します。それでも、バイナリーオプションはやめられません。まだ安定的に利益が出ている訳ではありませんが、収入を得るという目的のほかに、どこかゲーム感覚で楽しんでいるという気持ちがあるのかもしれません。