旅先でもできるのがバイナリーオプションの良さ

2年前に新婚旅行でバリ島に行きました。ちょうどバイナリーオプションを始めたのが、新婚旅行の1ヶ月ほど前で、儲かっていたので、夫婦で夢中になっていた時期でした。

保有ポジションを持ったまま、飛行機で出発しました。スマートフォンを持っていたので、WIFIがあれば、どこでも取引できますが、最初の3泊したホテルにはWIFIがなかったので、ホテルのビジネスセンターのパソコンで取引しました。他の外国人は観光地などをネットで調べたりしていました。おそらく、このホテルでバイナリーオプション目的でパソコンに向かっていたのは私たち夫婦だけでしょう。

次のホテルはWIFIがつながっていたので、海をみながら取引をしました。それはそれで、楽しかったのですが、日本への出発間際に主人がロスカットにあいました。せっかくのディナーも暗い顔をして食事をしている主人をみて、やはり旅先でのバイナリーオプションはほどほどにしなければいけないな、と思いました。

ただ、携帯一つあれば、どこでも取引できるのは魅力的です。例えば、電車や車での移動中も為替動向をチェックできますし、注文や決済もできます。

これもインターネットの普及のおかげではないでしょうか。今まであり得なかった方法で豊かになる人々が増えているのだと思います。